公認ロボット


初心者でもロボットを購入して直ぐに大会に参加できる!

ROBO-ONEでは、ROBO-ONE委員会が公認する市販ロボット(公認ロボット)に限り、無改造であればそのまま参加できる大会 「ROBO-ONE Light」を開催しています。
初心者の方でも簡単に参加できる大会です。

自作・改造ロボットには1kg以下など厳しい条件が設けられます。
これにより市販ロボットそのままでも、熟練者が操縦する自作ロボットと互角以上に競えます。

公認ロボット一覧

製品名企業名
KHR-1 近藤科学株式会社
KHR-1HV 近藤科学株式会社
KHR-2HV 近藤科学株式会社
KHR-3HV・KHR-3HV Ver.1 / Ver.2 / リフェバッテリー付きセット 近藤科学株式会社
KXR-L2 近藤科学株式会社
MANOI AT01 ロボットゆうえんち/株式会社MANOI企画
KHR-3HVコンプリートセット ROBO-ONEカスタム仕様 ロボットゆうえんち/株式会社MANOI企画
G-ROBOTS GR-001 双葉電子工業株式会社
HR-Trainer Jr. 双葉電子工業株式会社
RIC-30 双葉電子工業株式会社
TinyWave(タイニーウェーブ) 有限会社杉浦機械設計事務所
DARwIn-mini 有限会社杉浦機械設計事務所

公認ロボット詳細

KHR-1

製品名 KHR-1
メーカー名 近藤科学株式会社
WEBサイト http://kondo-robot.com/
標準スペック 身長:330mm(直立時)
重量:1234g(バッテリー搭載時)
腕の長さ:145mm(ピッチ軸サーボホーン首元から)
脚の長さ:163mm
足裏寸法:93mm x 47mm
自由度:17軸
電源:Ni-MH 5セル6V 600mAh(純正)
アクチュエータ:KRS-786 (トルク8.7kg・cm,スピード0.17sec/60°)
公認ルール ●組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
●コントロールボードの交換、及びケーブル、センサーの追加が可能。使用するボードに指定はないが、重量規定、サイズ規定などに注意すること
公認オプション ■無線機
・KRC-1 無線コントロールセット
・KRT-2
・KRC-3 AD
・KRC-2 AD
・無線コントロールユニット(KHR-1/RCB1用)
・KRT-3&ICS USB無線コントロールセット
・KRR-1 受信機
・クリスタルセットID1~ID20

■バッテリー
バッテリーの指定が無くなりました。弊社純正品を推奨しますが、他社製品を使用する場合は自己責任にてご利用ください。バッテリーの管理・使用には十分にご注意ください。

KHR-1HV

製品名 KHR-1HV
メーカー名 近藤科学株式会社
WEBサイト http://kondo-robot.com/
標準スペック 身長:350mm(直立時)
重量:1502g(バッテリー搭載時)
腕の長さ:175mm(ピッチ軸サーボホーン首元から)
脚の長さ:182mm
足裏寸法:100mm x 63mm
自由度:19軸
電源:Ni-MH 9セル10.8V 800mAh(純正)
アクチュエータ:KRS-788HV (トルク10.0kg・cm,スピード0.14sec/60°)
公認ルール ●組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
●コントロールボードの交換、及びケーブル、センサーの追加が可能。使用するボードに指定はないが、重量規定、サイズ規定などに注意すること
公認オプション ■無線機
・KRC-5FH/3AD/2AD/1
・KRC-4GP
 (+対応コントローラ)
・KRR-5FH/1
・KRI-3
・KRT-2
・クリスタルセットID1~ID20
・KBT-1
・PGB-001
・KCB-3/4WL

■バッテリー
バッテリーの指定が無くなりました。弊社純正品を推奨しますが、他社製品を使用する場合は自己責任にてご利用ください。バッテリーの管理・使用には十分にご注意ください。

■他
・接続ケーブル(約100mm)
・ソールグリップA
・ソールグリップB

KHR-2HV

製品名 KHR-2HV
メーカー名 近藤科学株式会社
WEBサイト http://kondo-robot.com/product/khr-2hv
標準スペック 身長:350mm(直立時)
重量:1374g(バッテリー搭載時)
腕の長さ:168mm(ピッチ軸サーボホーン首元から)
脚の長さ:180mm
足裏寸法:100mm x 63mm
自由度:17軸
電源:Ni-MH 9セル10.8V 300mAh(純正)
アクチュエータ:KRS-788HV (トルク10.0kg・cm,スピード0.14sec/60°)
公認ルール ●組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
●コントロールボードの交換、及びケーブル、センサーの追加が可能。使用するボードに指定はないが、重量規定、サイズ規定などに注意すること
公認オプション ■無線機
・KRC-5FH/3AD/2AD/1
・KRC-4GP
 (+対応コントローラ)
・KRR-5FH/1
・KRI-3
・KRT-2
・クリスタルセットID1~ID20
・KBT-1
・PGB-001
・KCB-3/4WL

■バッテリー
バッテリーの指定が無くなりました。弊社純正品を推奨しますが、他社製品を使用する場合は自己責任にてご利用ください。バッテリーの管理・使用には十分にご注意ください。

KHR-3HV・KHR-3HV Ver.1 / Ver.2 / リフェバッテリー付きセット

製品名 KHR-3HV・KHR-3HV Ver.1 / Ver.2 / リフェバッテリー付きセット
メーカー名 近藤科学株式会社
WEBサイト http://kondo-robot.com/product/khr-3hv-ver-2-life
標準スペック 【キット標準状態】
身長:401mm(直立時)
重量:1500g(バッテリー搭載時)
腕の長さ:212mm(ピッチ軸サーボホーン首元から)
脚の長さ:200mm
足裏寸法:122mm x 78mm
自由度:17軸
電源:ROBOパワーセルDタイプ10.8V 800mAh(Ni-MH)
   ROBOパワーセル F3-850(Li-Fe)
アクチュエータ:KRS-2552HV / 2552RHV (トルク14.0kg・cm,スピード0.14sec/60°)

【開脚フレーム装着状態】
身長:375mm(直立時)
※その他、キット標準状態と同じ
公認ルール ●組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
●Ver.1のキットでもVer.2の組立説明書の内容で組み立ててもよい。
●コントロールボードの交換、及びケーブル、センサーの追加が可能。使用する製品に指定はないが、重量規定、サイズ規定などに注意すること
●公認オプションのサーボを最大22個まで追加できる。追加は『KHR-3HV拡張用サーボ5個セット』付属のマニュアルの範囲内で行い、ロボットの外寸を変えないこと。開脚フレームとの組み合わせも可能とする。
公認オプション ■無線機
・KRC-5FH/3AD/2AD/1
・KRC-4GP
 (+対応コントローラ)
・KRR-5FH/1
・KRI-3
・KRT-2
・クリスタルセットID1~ID20
・KBT-1
・PGB-001
・KCB-3/4WL

■サーボ
・KRS-2552RHV ICS
・KRS-2542HV ICS

■バッテリー
バッテリーの指定が無くなりました。弊社純正品を推奨しますが、他社製品を使用する場合は自己責任にてご利用ください。バッテリーの管理・使用には十分にご注意ください。

■フレーム、他
・KHR-3HV開脚フレームセット
・接続ケーブル(約100mm)
・アルミ小径ホーン(PCDφ12-M2-オフセット0
・ソールグリップA
・ソールグリップB
・KHR-3HV用ブラックパーツセット

KXR-L2

製品名 KXR-L2
メーカー名 近藤科学株式会社
WEBサイト http://kondo-robot.com/product/03130
標準スペック 【キット標準状態】
身長:296mm(直立時)
重量:1100g(バッテリー搭載時)
腕の長さ:184.5mm(ピッチ軸サーボホーン首元から)
脚の長さ:147mm
自由度:16軸
電源:ROBOパワーセルEタイプ7.2V 800mAh(Ni-MH)
アクチュエータ:KRS-3301HV (トルク6.0kg・cm,スピード0.14sec/60°)
公認ルール ●組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。アドバンスセットAのKXR-L2Gで組み立てることも可能です。

●コントロールボードの交換、及びケーブル、センサーの追加が可能。使用する製品に指定はないが、重量規定、サイズ規定などに注意すること

●強化サーボKRS-3304への交換数量に関しては制限がないが、重量規定を満たし、軸数は最大22軸までとする。

●サーボ追加の際はロボットの軸構成を変更しないこと。ただし、腕の先端にグリッパーハンドをつけることは可能とする。この場合、肘関節のサーボアームは26mmを使用すること。
公認オプション ■無線機
・KRC-5FH/3AD/2AD/1
・KRC-4GP
 (+対応コントローラ)
・KRR-5FH/1
・KRI-3
・KRT-2
・クリスタルセットID1~ID20
・KBT-1
・PGB-001
・KCB-3/4WL

■サーボ
・KRS-3301 ICS
・KRS-3304 ICS

■バッテリー
バッテリーの指定はありません。

■フレーム、他
・KXRパーツ類
・ソールグリップA
・ソールグリップB
・小径ホーンB

MANOI AT01

製品名 MANOI AT01
メーカー名 ロボットゆうえんち/株式会社MANOI企画
WEBサイト http://kyoshoshop-online.com/kyosho/goods/list.html?cid=robot
標準スペック 未入力
公認ルール 組立て説明書に従って組み立てる事。
取扱説明書に記載されている改造は認めるが
LiPo電池を搭載する場合は『PowerLand』社製品に限る。
公認オプション ・取り扱い説明書に記載しているセンサ、無線機器、電池
・『Power Land』社製LiPo電池

KHR-3HVコンプリートセット ROBO-ONEカスタム仕様

製品名 KHR-3HVコンプリートセット ROBO-ONEカスタム仕様
メーカー名 ロボットゆうえんち/株式会社MANOI企画
WEBサイト http://www.robotyuenchi.com/
標準スペック ・KHR-3HV(ノーマル)にオプションの開脚フレームを搭載。
・ 無線仕様、組立完成品
・頭のサーボを腰に移植し、腰軸旋回可能
・軸数は17軸(KRS-2552HV
・腕足部にバトル向け専用アルミフレーム搭載
・純正でパワーランドのリポを使用(800mAh)
・身長401mm、重量約1600g
公認ルール 組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
公認オプション なし

G-ROBOTS GR-001

製品名 G-ROBOTS GR-001
メーカー名 双葉電子工業株式会社
WEBサイト http://www.hpirobot.jp/gr-001/product/index.html
標準スペック 未入力
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと(肘部の向き変更は可)。

製品に付属の送受信機(RRC-T13/R13もしくはRRC-T11/R11) およびバッテリー(PR-4S780P)を使用すること。
公認オプション なし

HR-Trainer Jr.

製品名 HR-Trainer Jr.
メーカー名 双葉電子工業株式会社
WEBサイト http://www.bynas.com/
標準スペック 未入力
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと(肘部の向き変更は可)。

製品に付属の送受信機(RRC-T13/R13もしくはRRC-T11/R11) およびバッテリー(PR-4S780P)を使用すること。
公認オプション なし

RIC-30

製品名 RIC-30
メーカー名 双葉電子工業株式会社
WEBサイト http://www.rt-net.jp/
標準スペック 未入力
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと。
オプションの送受信機(RRC-T13/R13もしくはRRC-T11/R11)を使用すること。
バッテリは付属のニッケル水素バッテリ、もしくはオプションのPR-S470Pを使用すること。
公認オプション 送受信機 RRC-T13/R13
送受信機 RRC-T11/R11
バッテリ PR-S470P

TinyWave(タイニーウェーブ)

製品名 TinyWave(タイニーウェーブ)
メーカー名 有限会社杉浦機械設計事務所
WEBサイト http://www.machinedesign.co.jp/robot/tinywave/index.html
標準スペック 身長:350mm(直立時)
重量:1600g(バッテリー搭載時)
腕の長さ:250mm(ピッチ軸サーボホーン首元から)
脚の長さ:190mm
足裏寸法:105mm x 67mm
自由度:17軸
電源:Li-Po 3セル 1000mAh(純正)
アクチュエータ:Dynamixel AX-18A(トルク17.6kg,スピード97rpm)
公認ルール ■改造ルール
ROBO-ONE LIGHTクラス公認ロボットのルールに抵触しない範囲で、Dynamixel AX-18A、AX-12A、XL-320を用い最大22自由度まで拡張可能。重量や寸法増加については選手自身で測定し判断してください。レギュレーションを超えた場合は出場することができません。

足裏サイズ、脚の長さは変更不可。
肩ピッチ軸サーボの軸位置を下げる改造は不可。
外装(頭部や胸部の装飾、関節カバー等)の自作可
手先の延長、形状変更、エンドエフェクタの追加については公認ルールの範囲で可

■無線、操縦方法
無線モジュール(送受信共通) Parani ESD-200 Bluetoothモジュール(telec認証済)
指定無線装置
・PS2コントローラタイプ無線送信機(純正)
・USB2BluetoothによるPCからの操縦
・Android端末による無線操縦(Bluetooth)
公認オプション ■アクチュエータ Dynamixel AX-18A,AX-12A,XL-320
■ロボットコントローラ CM-530、CM-904B、ArobotiX、他、自作マイコン可
■22軸拡張アルミフレーム(純正)
■ROBOTIS BIOLOIDフレーム(AX-18A、X-12A用)
■ROBOTIS OLLOフレーム(XL-320用)
■リチウムポリマーバッテリー ROBOTIS LBS-10、LBS-11、バッテリースペースに搭載可能なサイズのLi-Poバッテリーもしくはニッケル水素バッテリー
■外装及び手先パーツ(エンドエフェクタ等)は自作可。

以上を公認レギュレーションの範囲内で交換、追加してください。

DARwIn-mini

製品名 DARwIn-mini
メーカー名 有限会社杉浦機械設計事務所
WEBサイト http://www.machinedesign.co.jp
標準スペック 700g 
公認ルール 卑怯な戦いは禁止
公認オプション 1)首モータ
2)センサー類
3)コントロール方法
4)1kg以下内での3Dプリンターによるカスタマイズ部品の使用と軸数追加

制度の目的


ROBO-ONE本大会に参加する選手の技術が日々向上して行く中、初心者の敷居は高くなっています。 初心者でも熟練者と同じフィールドで戦える場として、公認ロボット制度を導入した大会「ROBO-ONE Light」を開催します。 初心者のロボット製作意欲を掻き立て、市場を活性化することを目的とします。

ROBO-ONE Lightは、公認ロボット制度を適用した市販ロボットと改造・自作ロボットの間にハンデを設けることで、初心者でも参加しやすい大会となります。 公認ロボット制度を適用した市販ロボットは、無改造であれば重量・足裏サイズ・腕の長さ・重心位置などが規定に則っている必要はありません。 一方自作ロボットは、1kg以下かつ足裏サイズ・腕の長さ・重心位置などがROBO-ONE本大会競技規則の「ロボットの規定」に則ったものでなければなりません。

公認ロボットに登録するには?(メーカー様向け)


メーカー様が市販しているロボットを公認ロボットとしてご登録いただくには、一般社団法人二足歩行ロボット協会にご入会いただく必要があります。
詳しくは一般社団法人二足歩行ロボット協会のWEBサイトをご覧ください。